オメガ3で漲る元気|刺し身よりもサプリで補給がお手軽

メンズ

ごまの体にいい成分

白ゴマ

ごまの中の抗酸化成分

ごまの中の特に体にいい成分の一つがセサミンという物質です。摂取して肝臓に入ると抗酸化作用を発揮して、体を老化しないようにさせ、錆びないようにする効果があります。また、血中の善玉コレステロールを酸化から守ってきちんと働くように作用したり、悪玉コレステロールが血液中に増えるのを抑える働きも知られています。セサミンはごまの成分のうち、1パーセントにしか満たない、非常に希少な成分です。セサミンが体にいいので、たくさん摂取しようとごまを大量に食べているという人もいるでしょうが、ごまの成分の半分は脂肪なので、大量に摂ると脂肪も多く摂ってしまいます。ごまの油も体にいいものですが、量が過ぎると太る原因になります。

老化の原因を除去する

老化や体のサビの原因の一つが、体内で増えすぎた活性酸素です。活性酸素は体内で細菌の除去などの重要な働きをしていますが、ストレスや激しい運動、紫外線を浴びることなどで多く発生することが知られています。活性酸素は増えすぎると自分の体をも攻撃してしまい、粘膜や血管を傷つけたり、骨を折れやすくしたりしてしまいます。セサミンなどに代表される抗酸化成分は、体内の活性酸素の働きを抑える働きがあり、老化を抑える効果があります。セサミンはごまの成分の1パーセントにしかないので、効率よく摂るにはサプリメントが有効です。とても少ない成分なので、取り出すのにも非常に手間がかかります。セサミンのサプリが大体高額なのもそのためです。